裁判ごとを防止|不動産物件を選ぶ際のポイント|充実した生活に繋がる要素

不動産物件を選ぶ際のポイント|充実した生活に繋がる要素

メンズ

裁判ごとを防止

模型

毎年多くの人が不動産関連、借地関連などの悩みを持って無料相談所を訪れるようになっています。これは都心部だけではく郊外や地方で一戸建て住宅を購入する人が増えていることも少なからず関連しています。移住をした後に一戸建て住宅を購入するとなると、膨大な費用が発生するため、土地を借りた上で住宅を建造するというパターンが非常に多いです。その結果として発生するのが借地権なのです。家を立てるために土地を借りた側の人間を借地権者や借地人と呼称しており、逆に土地を貸し出す側は借地権設定者などと呼ばれています。土地に対する固定資産税を抑えることができるなどのメリットを持っていますが、反対にデメリットも持っている契約の為、相談所に駆け込むことを防ぐためにも契約前はしっかりとリサーチをしておきましょう。
借地人の良い点としては、必要な年数分だけ年の使用代を支払うことになるので余分な費用が発生しないという点があります。また、借地の年数は最低30年以上と非常に長く設定されていることに加えて地主が契約更新拒否をしたり、強制的な立ち退きを要求したりする場合は多額の費用が必要となるので実質、半永久的に利用できると考えても良いでしょう。これに対して欠点とされているのが地代の価格上げなどによる当事者同士のトラブルなのです。当事者同士の相談で済むのが一番穏便ですが、エスカレートすると裁判ごとに発展する可能性もあるので、お互いに連絡を取り合い相談を定期的に進めていくと良いでしょう。